TOP > 奉仕活動
奉仕活動
 2013.6.27
2013年6月 熊本城東LCアクト ライオン誌に掲載

熊本城マラソン大会ボランティア参加がライオン誌2013年7月号へ掲載されました。
▼クリックで拡大


【以下ライオン誌より転載】
 熊本城東ライオンズクラブ(38人)は2011年7月に結成された、新しいクラブだ。会員の平均年齢は42歳。 月に一度行うインターネット例会の雰囲気は和気あいあいとしており、楽しくライオンズ・ライフを送っている。
 そんな当クラブは、2月17日に行われた「熊本城マラソン大会」にボランティア参加した。 これは市内の第1・第2・第6ゾーンのゾーン・チェアパーソンが各クラブに出した協力依頼に応えたものだ。 結果、23クラブから総勢196人が参加する大規模合同事業となった。内容は飲料水配布所の設営と運営、交通整理、コースづくりなど。 当クラブは若い会員が多いため、一番大変な交通整理と、交差点内のコースづくりを担当することとなった。
 当日は柳迫秀康会長を先頭に、午前7時からコースづくりを開始。応援の方のために交通整理をした。 この日は大変寒かったが、誰も疲れた顔は見せず、ニコニコ笑顔で取り組んでいた。
 また、当クラブからライオン吉田しのぶとライオン佐野賢一郎が、フルマラソンへ参加した。 ライオン吉田は「着物姿」で完走。 「加藤清正の腰元で、熊本城内外の見回りのために領内を駆け回る設定」と話すライオン吉田のパワーには驚いた。
 その後、近くの白川と、集合場所となったアクアドーム内外の清掃で締めくくった。
 各ゾーンは、合同奉仕活動を継続事業とし、各クラブへ依頼をすることを決めた。 私たちは来年も張り切ってこの合同事業に参加するつもりだ。
 ウィ・サーブ。
 (前会長/松田博彦)

《ライオン誌2013年7月号掲載》




<<前の記事へ 次の記事へ>>



お知らせ 次回のインターネット例会は
9月26日(水)です。
ネット例会ログイン
国際ライオンズクラブ
337-E地区
熊本黄壁城ライオンズクラブ